記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スージーズーのアイシングクッキー

こんにちは、marbieです。
今日はスージーズーのキャラクタークッキーを作ってみました。

スージーズー

スージーズー2

キャラクターが作りたかったというよりかは、よく外人さんが作っているアイシングで絵を描いた上にさらに色を塗って
立体感を出すようなのを実験してみたかったので作りました。

私が唯一好きなキャラクターはこのスージーズーとクルテクくらいです。他はこの先、誰かに作ってほしいと言われるまでつくらないでしょう。

こどもがお誕生日とか、お友達にプレゼントする時にやってあげるのはいいかも〜、と思っています。。。

たぶん皆様もご存知の通りキャラクターの一般的な作り方はアイシングクリームのパーツを別に作って一晩乾かして乗っけるというのだと思います。
けれどこの作り方は他のランナウトをいくつもやってわかったことなのですが、乾くのに時間がかかるのとふちが沈み込んでぼやけてしまうのがあまり好きではないので今回は下塗りの上から目打ちでガリガリ方式でいきました。
あとこの方法だとクッキーと絵が一体化して見えます。

用意するもの
クッキングペーパー
好きなキャラクターの下絵
フードペン黒
目打ち(クラフトピックとも言う?)
前夜に下塗りをしておいたクッキー

クッキングペーパーの下にキャラクターの下絵を置きクッキングペーパーの上からフードペンで下絵をなぞる。

クッキングペーパーはフードペンをはじくのできっちりはうつせませんのでだいたいのシルエットや目、鼻、口の位置
がわかればよいです。

クッキーの上にクッキングペーパーを置きずれないようにして目打ちでがりがりなぞっていく。

あとはアイシングするようにフチドリした中にflood consistensyより固め、かつ塗りつぶしようよりは硬めのクリームで塗りつぶすのみです。立体感を出すために前に出したい部分は後からぬるなどの順番を考えればより本物ちっくになるでしょう。

しかし結局大事なのは”目”でしょうね。。。これがおかしいとすべての苦労が水の泡になります。。。細心の注意を払って目の位置や大きさを再現しましょう。。。

乾いたらフチドリを。今回私は筆で描きました。適当に。たぶんこの絵は適当さ、を醸し出すのがかわいく仕上げるコツだと思いましたので!黄色いひよこはウィッツイーというそうなのですが彼の足やくちばしのオレンジも筆にフードペンをつけて描きました。

以上です。

〜5月レッスン募集中です〜
連休の楽しいひととき、手作りのプレゼントにいかがでしょう(*´~`*)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

citromkeksz ~icing cookies master~

Author:citromkeksz ~icing cookies master~
marbieのアイシングクッキーノートへようこそ!

子育てと仕事の傍ら芸術品の様なクッキーを作れるように日々コツコツ練習中。。。

☆English corresponding class☆

アイシングクッキーマイスター
sugarsugar認定講師
カラーコーディネーター2級

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。